スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の0

永遠の0


良い映画ハンターのお隣の奥さんにねだられて 観てきましたよ。
良い映画でした 
(ほんとは 森川さんのダイナソーか ミートボールが観たかったけど 時間が合わなかった 
でも この映画も 観て良かった~

三浦春馬君と吹石一恵姉弟が 特攻隊員であった自分の祖父 宮部久蔵@岡田准一の事を 調べ始め 宮部の事を知る人物を 訪ね歩く。
宮部は 日本海軍一の臆病者 卑怯者と 訪ね歩く先々で罵られるが 宮部の事を良く知る人物から 話を聞き始めると また違った人物像が浮かび上がってくる。

宮部は残してきた妻と娘の為に なんとしても生きて帰るという ポリシーの下 ゼロ戦に乗っている。
海軍一の凄腕パイロットだが ひとたび空中で乱戦になると 戦闘空間から離れ 毎回無傷で帰って来る。
当然仲間や上官には 臆病者と罵られるが 宮部曰く
『自分一人が死んでも戦況に大きな影響は無い だが 妻と娘の人生は大きく変わる』
あの時代 生きて帰るという気持ちを 口に出すことは 臆病者どころか 勇気のいる事だったと 当時の部下は言う。
部下や 教え子たちにも いつも生きて帰る どんなことをしても生きて帰るという 信念を教え込む宮部。

そんな宮部が 最終的に特攻隊を志願して 戦死したのは何故か…

私たちは ほとんど第二次世界大戦の事を知らない。
教育を受けていない。
たとえこの映画が 現実味が無い 綺麗事だ ファンタジーだとしても 戦争を知らない世代に ちょっとでも戦争の非情さ 不条理さを知ってもらえるきっかけになればいいのではないかと思う。
4000人もの若者を 生きて帰れぬ特攻という任務に向かわせたもの すべてのものに怒りがわく。
半数は 前途有望な その飛行訓練がなんたるかも知らない学生たちだったとか。
本当の空中戦の仕方も教えられずに(敵艦に突っ込むだけの任務だから)飛行訓練を受けただけで ほとんどの機が敵艦までたどり着くこと無く 迎撃され海の藻屑となった。
その不条理さ。
戦闘機乗りの生き残り 景浦@田中泯が言う
『九死に一生なら戦う だが成功それは死だ 十死にゼロだ こんなの作戦と呼べないっっ』
どうしても生きて帰りたいという 宮部を 軽蔑していた景浦でさえ 死ぬのは嫌だと思い始める。

そんなどうしようもない作戦を考えたのは誰なんだろう。
子どもたちに そんな死を 強いた大人たちに 戦後何かの懲罰は下ったのだろうか。
そんな事さえ 私は 知らない。
私をはじめ そういう戦争を良く知らない世代が 原作を読み映画を観て どんなことがあっても戦争はあってはならないと深く考えるようになればと思う。

映画は 現代に生き延びた人たちの 証言で淡々と物語が進むので あまり重くなく 岡田君のにじみ出る優しさと強さが じーんと心にしみる。
号泣というより 自然に涙が出てくる 

ゼロ戦の戦闘シーンが素晴らしく良くできていて まるで自分が戦闘機に乗っているような感覚だった。
最後は なんだかラブファンタジーになっていて 蛇足な感じ。
最後の最後 ゼロ戦に乗る岡田君の表情が胸をうつ。

景浦が 本当にゼロ戦で戦うのが好きで 腕も良く たとえ空で散っても良いとさえ思っていたのに生き延びて 特攻の無益さを訴えるシーンが 心に響いた。

ご訪問並びに拍手いつもありがとうございます 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちょこ

Author:ちょこ
                              
彩の国の山奥に住んでいます。
好きなものは何度も反すう。
インドア派。
森川さんに会いに行く時だけ 山をおりて都会へ出ます。

カテゴリ
フリーエリア
banner-oma2.gif  border= blogram投票ボタン
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。