スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ・グラビティ

ゼログラビティ

森川さんには関係なけど ゼロ・グラビティ を 観てきました。

ゼロ・グラビティって 無重力って意味なんですね…なるほど。

無重力の凶暴さを まざまざと見せつける映画。
無重力って言うと ふわふわしてつかみどころのない様子を思い浮かべがちだけど ひとたび何かの力が加わると その力の反動たるや 恐ろしいばかり。
一度 くるくる回り始めたら最後 他の力が加わらない限り 永遠にくるくる回り続ける。

サンドラ・ブロックが 宇宙飛行士で 宇宙ステーション?を修理している。
周りを ジョージ・クルーニーが 宇宙遊泳中。
任務ももう少しで完了という時 事故が。
ロシアが自国の古くなった衛星をミサイルで破壊して処分しようとするが その破片が散らばり周囲に被害を与え始める。
細かな破片も 無重力の中を飛び交えば 恐ろしい凶器に。
ソユーズを破壊し 中国のステーションも破壊 サンドラ・ブロックらのステーションも破壊され 宇宙空間にいた サンドラ・ブロック ジョージ・クルーニーも ふっとばされて 大ピンチ。

宇宙空間に 宇宙服だけで投げ出されて パニクるサンドラ・ブロック。
ジョージ・クルーニーが 落ち着いた声で 語りかけて 絶望的な状況にも 平静さと希望を生み出す。
二人は どうやって 生還をめざすのか?

どんな時も冷静に 生き延びる方法を模索。
しかし 酸素はどんどんゼロに近づくし 自分の姿勢をコントロールすることもできない宇宙空間。
キケンが一杯どころか すがりつく物さえ お互いしかいない。

3Dで 観たので 飛んでくる破片が 目に突き刺さるようでビックリした 
私は 観に行くまでは 宇宙飛行士が何かの不注意で 宇宙空間に投げ出されて ステーションまで戻る映画なのかと思っていたけど ちょっと 違った。
全編 宇宙遊泳なのかと…
たとえ宇宙に一人投げ出されても 突然の事故で死んだ仲間に比べれば 運良く生き延びて良かったじゃんって思えちゃう。
それだったら つまらないちょっとした不注意で 皆からはぐれちゃう話の方が すごく怖かったんじゃないかなぁと。
重力と酸素のありがたみを実感する映画。
無重力って なんて 難儀な…
慣性の法則も 恐ろしい。
ちょっと力が加わると ずーーーーーーーーっと 向こうまで 行っちゃうのね。
自分が止まれる 物が止まってくれるって ありがたい 
くるくる回るサンドラが ジョージに抱きとめられた時は 心底ほっとした。
主人公同様 『離さないで~~~っっっっ』て気持ち。

原題は グラビティ。
一緒に観た 家族が

なぜ(タイトルに)ゼロ つけちゃったのかな?最後に主人公が感じる【重力】が この映画のテーマなんじゃないの? と。

なるほど…その通りかも


ところで 森川さんちの娘さんが 女王様の柄と同じで ちょっと嬉しい 
『立ちました』って 可笑しいね。

ご訪問並びに拍手いつもありがとうございます 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちょこ

Author:ちょこ
                              
彩の国の山奥に住んでいます。
好きなものは何度も反すう。
インドア派。
森川さんに会いに行く時だけ 山をおりて都会へ出ます。

カテゴリ
フリーエリア
banner-oma2.gif  border= blogram投票ボタン
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。